ジャパンカップ予想

先週までは早く歴史的1戦を見たいとワクワクしていましたが、時間を追うごとにもっとこのレースの予想を楽しみたいと、訳の分からない感情に振り回されていてそれでも時間は刻一刻と流れるもどかしさがあります。
もうここまで来ると皆が今年のジャパンカップを楽しみにされているので、ダラダラとした前置きなど野暮なことは致しません。

土曜の馬場を見る限り時計はやや出p始めた印象はあるものインは見た目的にも芝の傷みが見て取れて、直線では内を完全に空けて走っていました。一昨年のような高速馬場とは程遠くそれでも標準程度の時計は出るとは思いますが、バイアスとしては前が止まらない高速馬場のイメージではなく外からの差し馬にも十分にチャンスはあるでしょう。

展開としては、ハナ宣言のトーラスジェミニ、ヨシオがハナ争いでレースとしてのペースは速くなるものの実質のカギはカレンブーケドールだと思います。この馬こそ直線ヨーイドンの瞬発力タイプでも無くある程度分散させての持続力こそですし、仮にキセキがゲートを出てのレースメイクになったとしてもスタミナを活かせる展開に持ち込みたいでしょうから、瞬発力よりもロンスパ持続力勝負となるとの想定です。

本命は⑥コントレイル

この週中今秋3戦目、菊花賞の疲労、牡馬3冠後のレースではシンボリルドルフ、ディープインパクトさえ勝てていないなど取り沙汰されていて、実際1週前にはこれまでなかった併走遅れとかなりダメージが残っている印象でしたが、名馬は自分で体をつくるとも言いますし、矢作調教師も『1週前のままなら回避も...』とのコメントもあり出してきた以上は体勢は整ったと見ます。

これまでのこの馬のレースをレースでも後方から外々を回しても勝った皐月賞、ラスト3F~2Fにかけて速いラップを踏みつつ持続力レースを圧勝したダービー、一瞬の抜け出しとギアチェンジ力を見せつけた神戸新聞杯、道中は掛かり常に外からプレッシャーをかけられ並の馬なら馬群に沈むような展開でも精神力の強さを発揮した菊花賞と、確かにチームノースヒルズのアシストはありそこに関してはその通りですが、ココこそが世代交代の引導を渡すに相応しいレースになると思っています。

枠の並びを見てもこの枠ならゲートセンスと類い稀なレースセンスから中断の前目くらいは取れますし、同じ舞台での持続力勝負であればダービーでもあれだけのパフォーマンスを披露しているので、3強以外のメンバーレベルであれば状態云々ではなく勝ち負けできるだけの素質を評価します。

対抗⑤デアリングタクト

オークスでは1角から常に内に閉じ込められ、終始自由度のないレースで直線でも出すに出せない状況の中1頭分のスペースを見つけるや一気に抜け出しましたし、秋華賞ではハイペースで後方からと展開が向いたとはいえ、3角からの進出で4角では先頭に並びかけようかという横綱相撲だったこと、桜花賞ではあの極悪馬場で直線でねじ伏せた後半の爆発力は、対古馬相手にも通用するはずだと思っています。

ローテとしても秋華賞前からココを目標にして秋華賞ですら通過点のようでしたし、何より3強の中では最も間隔がとれ、例年同様の高速馬場ではない点もアドバンテージと考えられます。これまで3歳牝馬のレベルが低いと言われてきて、そこに対しては反論する気は全くないですし同感なのですが、この馬もコントレイル同様そういったレベルでの尺度では測れないほどの魅力を感じています。

土曜の芝レースではサンデーサイレンス系ではなく欧州系やキングマンボ系、ロベルト系が活躍していたことは頼もしい限りで、松山ジョッキーなので馬のリズム重視になる可能性が高くこの枠なので自由度は無くなるとは思いますが、杉山調教師も一貫して挑戦者の立場を強調しているのでこれまでのレースよりもポジショニングの意識をもってくれれば当然勝ち負け出来るだけのチカラは秘めていると思います。

3番手は⑮グローリーヴェイズ

美穂所属馬ながら京都巧者で東京は初めてと変わり種ではありますが、クラブの使い分けの為中々こういった舞台に顔を出してなく左回りと東京競馬場でどうかではあるものの、香港でモレイラの後期場があったとはいえラッキーライラックやエグザルタントを子供扱いでしたし、天皇賞・春でのフィエールマンとの大接戦を考えればココでも好勝負が出来ると見ています。

軽い馬場でのラスト3F戦より母系のメジロ系が色濃く出ていて、タフな馬場やスタミナよりな部分、ロンスパ適正に優れているので今の東京の馬場であれば通用するでしょう。

前走も58キロを背負いながら立て直しに成功出来ていて上積みという部分でも期待できますし、条件としては申し分は無さそうではありますが、川田ジョッキーのこれまでを見るととにかく前付けしての粘り込みくらいしかやって来ないので、上手く立ち回れるポジションに収まれなかった場合この枠なので延々と外を走らされると距離ロスも含めた怖さは付きまとい事は最大の不安としてあります。

その他、3強の1角というより現時点での現役最強馬のアーモンドアイに関しては、間隔、高速馬場ではないこと、前走でのゴール前での詰め寄られ方を見る限り衰えは否めないはずで、枠も良いとは言えませんしこの距離で更にパフォーマンスを上げてくるかはかなり懐疑的なので押さえまでとします。

予想は

◎ ⑥
〇 ⑤
▲ ⑮
△ ①、②、③、④

このような予想としました。

正直今の東京の馬場が馬場なだけに、通った場所次第では印以外の馬にもチャンスはあると思いますし展開を読み違えれば全く見当違いな結果になることは承知していますが、現状ではこれが現実的と考えての予想です。

今年のジャパンカップをは馬券以上の楽しみは十分にあるので、今後二度とは無いこういうメンバーでのレースに的中という華を添えることが出来れば最高ですね。


コメント

  1. アイエイト より:

    やっぱりコントレイルですよねー

    デアリングタクトも強い!でいて欲しい(ノД`)
    アーモンドアイも色々言われてるけど強いお馬さんなのは間違い無い。
    穴好きな自分でも今回ばかりは三つ巴合戦が観たいと思ってます(*゚ロ゚)

    結局今回は3頭応援したいので3頭絡めの2頭穴入れで5頭BOXか?
    もしくは上位3頭消しで夢だけ見るか(☆。☆)
    なんにせよ楽しみですー★

    • エムズ Ms より:

      一応現時点では本命はコントレイルですが、デアリングタクトも同等の評価はしています!
      個人的には出生やノルマンディーに引き取られるまでのいきさつから非エリートのデアリングタクトへの思い入れはあります。
      考察にも掲載していますが、3強にも不安要素があるのは間違いないですし3強で決まるほど簡単なレースでは無いとも考えています。

      このドリームマッチに尽力した関係者には感謝しかありませんね!

タイトルとURLをコピーしました