シルクロードS・予想

新年が明けてついこの間まで正月気分に浸っていた中、気が付けばというか先週からなのではありますが、G1のTRも開催されていて1月も終わりが間近になり今週もG1の前哨戦という位置付けの2レースが行われます。
実績と能力の抜けた実力馬は充電期間という事もあり、年始から波乱の多いレースが相次ぎこれから予想するシルクロードSも高松宮記念への叩き台とする実績馬の参戦がある一方で、賞金の足りない馬のメイチ仕上げでの好走や軽ハンデ馬の激走など、例年一筋縄ではいかないレースとなっています。
そこに拍車をかけるかのように今年は中京開催、先週の大雨と更に難解な1戦となっています。
今週からBコース替わりなのですが、土曜のレースを見ていたら内の傷んだ部分はカバーしきれず直線では内を空けて走っていたので、フルゲートとなるこのレースは展開もさることながら最後の直線でどの部分を通るのかでもかなり影響はあることが予測できます。
土曜のレースは重馬場スタートで後半はやや重まで回復したものの、日曜にどの程度まで回復し直線でどこが伸びるのかは判断し難いながらも今日の傾向を参考にはしていきたいと思います。

展開としては、外目に配置されたモズスーパーフレアの逃げは間違いないでょうし、内目のセイウンコウセイが番手とスンナリと隊列は決まり、逃げるモズも今回は友一Jなので序盤からブッ飛ばすような展開にはならないでしょう。
それでも1秒弱くらいの前傾戦にはなるはずで、比較的先行馬が少ないことから直線ではかなり広がった形となり、あまりにも外を回せばロスは大きくなってきますしコーナー部分をタイトに直線で伸びる部分を通す絶妙な騎乗も問われることになりそうです。

最後は渋とく脚を伸ばすか、展開とバイアスを味方につけた馬が上位に来るようなイメージです。

本命は⑭トゥラベスーラ

去年のこの路線に距離を短縮してからはOP、重賞でも上位では確実に走れているものの勝ち味に遅くワンパンチ足りないなか、前走は全てが嵌ったとは言え器用に立ち回れていましたし、この乗り替わりも立ち回りを活かすという意味ではプラスとなるでしょう。

また、これまでも常にいいポジションには付けて上りもまとめてきていてチカラを要するような馬場でもこなせますし、上位人気馬は明らかな叩き台となれば好走できるだけの期待は持てるはずだと思っています。

さすがに前走ほど全てが嵌るとは思えませんし、重賞で勝ち切るだけの能力があるかとなると否定は出来ませんが、割と後方から構えるタイプが多いメンバー構成でこの枠でも中団前くらいは取れるはずなので、前走よりも斤量減、堅実性という部分で本命としました。

対抗は⑬シヴァージ

この馬もこの距離への変更後は7戦全てで上り1位ながら、ポジショニングの分掲示板までとなっていますが、去年の同舞台のG1で上位に食い込んだように馬場は問題なく鞍上変更は間違いなくプラスとなるはずです。

直線で馬群が広がればこれまでの大外ブン回しのロスも軽減されるでしょうし、そうなれば終いは確実なだけに食い込む余地は十分にあります。

本命馬同様、母父は今年に入ってのこの舞台で2勝、2着1回のナスルーラの系統でもあるので血も後押しとなってくれることに期待しています。

3番手は⑪リバティハイツ

唯一のキングカメハメハ産駒でスピードとパワーが必要な今の馬場はマッチしていますし、中団から渋とく脚を伸ばせるタイプという点では楽しみな一頭です。

早くから重賞を勝ち、その後も好走しながら約1年半ほど歯痒い時期を過ごしながら2走前に久しぶりの勝利がこの距離という点では上の2頭と被りますが、おそらくもうすぐ引退となるとは思われますが最期の一花、はよくあるパターンでもありますし、今年ブレイクの予感漂う鞍上ともども楽しみではあります。

ということで予想は

◎ ⑭
〇 ⑬
▲ ⑪
△ ⑤、⑦、⑩、⑫、⑮、⑰

このような予想となりました。

かなり振り回した予想となりましたが、土台このレース自体が波乱傾向にあるので思い切った予想としました。

かなり難解なハンデ戦プラス日曜のトラックバイアスを確認するべきという事は重々承知していながらも、このような思い切った予想も中々できないので波乱ありきでの予想です。

正直参考にはならないとは思いますが、このようなレースを的中できればかなりの自信となるので置きにいくような予想はしたくなかったというのが本音でもあります。

コメント

  1. アイエイト より:

    シルクロード
    全く難解なので参考にさせて頂きますね☆
    妙味有りそうな馬券です(〃’▽’〃)

    • エムズ Ms より:

      こんにちは。
      馬場も現時点で稍重と一気の回復は見込めそうにありませんし、本文にも書いているように実績馬の目標は先にあるので上位人気馬の取りこぼしも十分に考えられると思っています。
      例年波乱傾向にあるので、波乱を期待して人気薄に妙味を求めての勝負とします。
      アイエイトさんのような大万馬券にありつけることも期待しています。

タイトルとURLをコピーしました