アイビスSD・血統傾向

過去5年
ロードカナロア
キンシャサノキセキ
キングヘイロー
サクラバクシンオー
ショウナンカンプ
タイキシャトル

といった、現役時に国内の短距離路線で活躍した産駒や血統の活躍が目立ちます。

ミスプロ系
ストームバード系

などのスピードのある米国型の産駒や血統の活躍も見逃せません。

主流血統であるサンデーサイレンス系の産駒は
2019年の2着と3着しか好走していませんでした。
それでも母父サンデーサイレンス系
毎年好走しているので、母父としてスピードの補完に一役買っている印象です。

2020年は
父ミスプロ系母父サンデーサイレンス系
という配合の馬がワンツースリーとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました