秋華賞・血統傾向

*例年京都競馬場での開催ですが、改修工事の為阪神競馬場での開催となるので参考程度に

過去5年
2017年〜19年までは
ダンチヒ系
ミスプロ系
ブラッシンググルーム系
など非サンデーサイレンス系の産駒が勝利
2020年も
ロベルト系
と、サンデーサイレンス系ではない馬が勝利していました
過去10年では
ディープインパクト産駒が最多の4勝を挙げているほか
サンデーサイレンス系の産駒も5勝をあげていたので、近年は傾向が変わってきています

2017年、19年、20年と重馬場稍重馬場で開催された3年は
エピファネイア産駒
バゴ産駒
ハービンジャー産駒
といった、パワーのあるロベルト系欧州型の産駒が勝利していました
また、4年連続で
母系が欧州型の血統母父が欧州型といった欧州型の血を持つ馬の好走が目立ちます

3歳クラシックということで
サンデーサイレンス系の産駒
母父サンデーサイレンス系
キングマンボ系を持つ馬
などの王道血統も存在感をみせています

コメント

タイトルとURLをコピーしました