朝日杯FS予想

先週は世界でも初めて白毛馬のG1制覇と今年はいよいよ初物づくしの年となりました。
勝ったソダシも称賛されるべきレースながら、ソダシを所有する金子オーナーは本当に怪物(いい意味で)なのだと改めて感じました。
先週の2歳牝馬ナンバーワン決定戦に続き、今週は2歳マイル王決定戦となりますが近年のこのレース比較でもやや物足りないメンバー構成となった感はあるものの、2戦連続レコード勝ち、重賞馬4頭、先週叶わなかった新種牡馬の台頭、武ジョッキーがココでG1完全制覇に王手をかけられるのか、など話題としては豊富なので楽しめる1戦になるでしょう。

馬場も開催が進んだとはいえ速い時計は出ていて、先週の牝馬戦でも好時計での決着だっただけにある程度のスピードは勿論のこと長い直線とゴール前の坂越えとなるこのレースへの適正面などしっかりと考えて予想していきます。
比較的先行馬が揃い、かと言って何が何でもハナでなくては、というタイプが見当たらず展開の想定は難解ではありますが、これまでのレースと枠の並びからはブルースピリット、バスラットレオンのどちらかではないかと思われます。
どちらが主導権を握ろうとドスローに落として、というタイプの鞍上ではないことから前半はそこそこ流れるとは見ていて、問題が4F目、5F目のラップで例年通りであるなら緩み、先週もしくは去年のようになるなら緩みがなくなり、ココを読み違えれば結果もガラリと変わると思っています。
問題の中盤2Fは今週もそれほど緩まず12秒切るか切らないか程度の流れから、ラストは瞬発力と坂を超えてからの持続力も問われる総合力勝負のレースになるとの想定です。

本命は⑧レッドベルオーブ

先週のソダシもそうでしたが、現時点での完成度と近2走のレコード勝ちを素直に評価すると同時に、今年は前哨戦の前走が同舞台でありその前走で速い時計に対応してかっているのでココも崩れる心配がないとの見立てです。

また、父ディープインパクト×母父アンブライドルズソングという配合は3冠馬コントレイル、2014年の勝ち馬ダノンプラチナと共通する仕上がりの早いディープインパクト産駒で2走前のハイペース、前走で緩みのないレースと時計勝負、持続力勝負への適性ではアタマ一つ抜けていると思います。

前走でもそうでしたが、道中に掛かる面を見せていたことは決して小さいとは言えない不安材料ではありますし、新馬戦でスローからの瞬発力勝負で取りこぼしていることも気になる点ですが、ペースも流れそうでこの枠であれば前に壁も作りやすくこの鞍上なので前走でもある程度コントロール出来ていたように今回もその癖が分かっている以上下手な乗り方はしてこないはずです。

対抗は⑬ホウオウアマゾン

この馬も前走では勝ち馬にこそ内を掬われる形での敗戦でしたが、それでも簡単には抜かせることなく抜かれてからも、渋とく食らいついたことから持続力は非凡なモノを持っていて、時計勝負への適性も見せていることからこの評価としました。

勿論前走だけでなく、2走前のスロ-ペースでも3走前のペースでも幅広く対応できていること、先行力があり操作性が高くレースセンスが抜群を見ていることもポイントとなります。

ただし枠が外目になった為、先行馬の揃ったこのメンバーだと常に外々を回らされることはマイナス要素となり、そうなった場合は持続面で甘くなるのではないかという部分は心配となるので、完璧に立ち回った前走のような競馬は難しくなると考えています。

3番手は⑫ジュンブルースカイ


先週の1、3着馬が1800Mでの好走歴があったように、この時期の2歳馬にとって阪神の1600Mはタフなレースとなることから、距離短縮組ではこの馬を最上位評価しました。

父ドゥラメンテの母系にトニービンを持っていることからペースが流れれば、最後は脚を伸ばしてくる1頭に成り得るとも思いますし、前走こそ骨のあるメンバー相手に連対こそ出来ませんでしたが、それでも上りは3走で使えているので面白い1頭になると思っています。

今回溜める競馬が出来れば面白い反面、レースの流れに付いていくと単純にチカラ負けとはなることは想像の範囲内で、これまで勝ち味に遅い部分はありますが期待できる1頭だとの評価はしています。

という事で予想は

◎ ⑧
〇 ⑬
▲ ⑫
△ ⑦、⑩、⑪、⑮

このような予想としました。

今年も残すところG1はこのレースを含め3戦となるので、ココで有馬資金となることを願っています。

コメント

  1. アイエイト より:

    うーん(*・ω・)
    難しい(*゚ロ゚)

    今年の朝日杯は予想するのが面白いレースです!

    BOX買いで一発狙います( ̄∇ ̄)

    • エムズ Ms より:

      返信が遅くなってしまい申し訳ありません…
      確かに2歳馬は出走数そのものが少ないので、メンバー比較が難しいですよね。
      人気馬が総崩れというのはイメージしにくく、今年も去年のグランレイのように
      ペースが流れれば最後は人気薄が突っ込んでくると考えての予想です。

      ココで弾みをつけてお互いに有馬記念へと乗り込みましょう!

タイトルとURLをコピーしました