Uncategorized

中山金杯・血統傾向

過去5年 中心は父サンデーサイレンス系となっていますが、中でもステイゴールド産駒の活躍が2勝、2着2回と目立っています。 次いで注目したいのは、サドラーズウェルズ系です。...
Uncategorized

中山金杯・データ傾向

中山金杯過去10年
Uncategorized

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。 皆様にとって2020年はどんな1年でしたか? 私にとっては個人的にはこのブログを開始して、新たに競馬というものの素晴らしさと楽しさを実感できた大変有意義な1年となりました。 ...
Uncategorized

有馬記念予想

特別な1年... と呼ぶに相応しい1年でした。 アーモンドアイのG1最多勝利更新、最多獲得賞金更新に感動し3歳クラシックでは史上初の牡・牝無敗3冠馬同時誕生に感動を覚え、歓喜した本当に特別な1年でした。そして忘れてはい...
Uncategorized

有馬記念・考察2

考察1で有馬記念でのラップについて後日と書き込みましたので、考察第2弾としてこれからは有馬記念がどういったレースとなるのかをラップと共に見ていきましょう。 *ラップとはレースの200M毎にハロンという標識を通過したタイムでこのラップ...
Uncategorized

有馬記念・考察1

これよりグランプリ有馬記念をいくつかの視点から考察していきます。 その前に過去10年の有馬記念において3番人気以下で好走(3着以内)した馬を見ていきます。 19年、4番人気3着ワールドプレミア     19年菊花賞1着18年、...
Uncategorized

有馬記念血統傾向

有馬記念といえば、とにかくステイゴールド産駒が大活躍という事は誰もが知ることでした。しかし、2014年に中山競馬場の路盤改修作業によりこれまで活躍の目立たなかったディープインパクト産駒やハーツクライ...
Uncategorized

有馬記念データ傾向

過去10年1番人気は最多の5勝を挙げて2着2回、3着1回、3着以下2回と抜群の安定感です。2番に気は1番人気に次ぐ2勝ながら、半数の5回は3着以下となっています。3、4番人気は1勝ずつ、2着1回、3着2回と同数の好走馬がいました。...
Uncategorized

ホープフルS血統傾向

このレースがG1に格上げされた過去3年のものとします。 過去3年2019年は父サンデーサイレンス系がワンツースリーと独占、18年2着、17年は1着、3着と父サンデーサイレンス系が中心となるようです。ハーツクラ...
Uncategorized

ホープフルSデータ傾向

このレースがG1に格上げされた過去3年のものとします。 過去3年1番人気が全て勝利していました。2番人気、3番人気がそれぞれ2、3着が1回ずつとなっています。4番人気は2着1回ここまでの人気で3-3-2と比較的上位人気馬が堅...
タイトルとURLをコピーしました