Uncategorized

アルゼンチン共和国杯予想

先週はアーモンドアイが、これまで歴戦の名馬達が足並みを揃えるように記録していた記録を更新してくれました。正直ココであっさり記録更新という歴史的快挙を見届けたいという気持ちと、G17勝で並んでいたメンバーの名前を見渡すと簡単には抜いてほしく...
Uncategorized

京王杯2歳S血統傾向

過去5年勝ち切れてはいないものの毎年好走しているのは、父サンデーサイレンス系となっています。2016年は1,2,3着独占、2015年は1,2着でした。その中でもダイワメジャー産駒、キンシャサノキセキ...
Uncategorized

京王杯2歳Sデータ傾向

デイリー杯2歳Sが2014年から11月開催に移行された事に伴いこのレースも過去6年のデータ傾向と致します。 過去6年、1番人気は全て3着以内と安定感としては信頼できる数字です。2番人気は2勝しているもののそれ以外は3着以下な...
Uncategorized

アルゼンチン共和国杯血統傾向

過去5年毎年好走しているハーツクライ産駒、ルーラーシップ産駒ともに共通しているのは、トニービン(グレイソヴリン系)です。19年は1着、2着、18年2着、16,17年1着と分かりやすいくらいにこの血統...
Uncategorized

アルゼンチン共和国杯データ傾向

過去10年、1~3番人気で9-5-6と勝ち馬はここからが中心となっています。4、5番人気は2着まで、しかし6番人気以下からもほぼ1頭ずつは絡んできているので、6番人気以下の見極めが重要となります。 1~4枠で...
Uncategorized

天皇賞・秋予想

秋華賞ではデアリングタクトが、菊花賞ではコントレイルが、鮮やかにこれまで長く閉ざされた歴史のトビラをこじ開けて、今週も歴代の名馬達と肩を並べるアーモンドアイが名手ルメール騎手と共に、誰も到達し得なかった前人未到の領域に足を踏み入れることに...
Uncategorized

スワンS予想

改修工事前の最後の重賞レースとなり、暫くはこの京都競馬場でサラブレッドの躍動が見られなくなるのは寂しい限りではありますが、リニューアルオープンまで楽しみにしたいと思います。 その改修前最後の重賞レースであるスワンSを予想致します。 ...
Uncategorized

スワンS血統傾向

過去5年父サンデーサイレンス系に母父ノーザンダンサー系という配合で3勝2着2回3着1回と活躍しています。うち2016~18年は3連勝でした。中でもダンチヒ系、ヴァイスリージェント系、ストームバード系...
Uncategorized

スワンSデータ傾向

過去10年、3番人気までで9勝と勝ち馬はここからが中心となっています。しかし2着、3着に限れば4~9番人気までで2着5回、3着5回と下位人気からも満遍なく出ている為手広く考える必要があるようです。また、10番人気以下からも4頭が好...
Uncategorized

天皇賞・秋血統傾向

過去5年2019年、18年と父キングマンボ系(ミスプロ系)が連勝中。15年も1着となっています。 ディープインパクト産駒(2017年の勝ち馬キタサンブラックの父ブラックタイドはディープインパク...
タイトルとURLをコピーしました